top of page

社外取締役の役割とは?

本日丸一日、会社役員養成機構の社外取締役研修を受講させていただき、無事修了証をいただきました。


主な内容の備忘録です。


・社外取締役はまず会社と自分の価値観との整合性を念頭に経営陣との信頼関係の構築を

・自分への会社の期待がどこにあるのか、見極めるのが重要

・会社役員賠償責任保険(D&O保険)は以前は自己負担だったが、現在は会社負担が多い

・社外取締役は株主の立場にたって、会社に意見を述べなければならない

・社外取締役は企業価値最大化のために行動しなくてはならない

・人事戦略は事業部の意向を反映する必要がある

・長期計画の立案は困難だが、社外取締役は必要性を経営陣に進言することが期待される

・事業リストラやROI経営は取締役会に上程されづらい

・マメジメントの戦略・KPI・リスクマメジメントを取締役会がモニタリングしてレビュー

・人的資本はグローバル単位で戦略的に資源配分することが求められる

・人事任せ、現地任せはNG

・マテリアリティは適時に削除してもいい


その他、長期戦略、人材戦略、サステナビリティ戦略をテーマとした、チーム別のディスカッションは非常に有意義でした。


最後に心に響いたいい言葉は


『マネジメントとは経営資源の最適配分』


同感です。


明日は少人数で六本木ヒルズで時間とお金の有効活用をテーマにしたランチイベントを開催します。

有意義なランチとなりますように



閲覧数:19回0件のコメント

Comments


bottom of page